ソーシャルケアシステムの現況と将来

 PO1-210  日本アルツハイマー協会で3年間における認知症問題に関する電話相談の日毎分
奥野 茂代 (Shigeyo Okuno) (日本)
 PO1-213  日本アルツハイマー協会の全47都道府県支部と本部での認知症に関連する電話相談の調査。
奥野 茂代 (Shigeyo Okuno) (日本)
 
 ケアの調整と連携

PO2-214

農業を利用した総合的なケアを提供するローカルコモンズしんいち

寺岡 謙 (Ken Teraoka) (日本)

PO2-215

日本の救急病院における身体に不自由のある高齢患者の家族に対する 看護師の見解

杉山 智子 (Tomoko Sugiyama) (日本)

PO2-216

タイと日本の救急病院での介護ケアの比較

グライナー智恵子 (Chieko Greiner) (日本)

PO2-217

これは14年間にわたる介護ケアに関する私自身の経験です。ケアの調整と連携はIPW管理によって達成され、BMIは健康状態の管理に適しています。私の認知症の妻からのいくつかの助言とよい取り組みについてお話しします。

塚脇 章生 (Akio Tsukawaki) (日本)

PO2-219

ある看護師の介護をしている家族と認知症高齢者との意見交換会からのレポート

温水 理佳 (Rika Nukumizu) (日本)

PO2-220

認知症の行動的及び心理的症状のための薬物療法を受けている在宅の認知症高齢者及びその家族の医療および介護チームに向けたアンケート調査:介護のプロに向けた調査

辻村 真由子 (Mayuko Tsujimura) (日本)

PO2-221

香港での認知サービスの開発 – 認知症の人のケアパスの改善

ユエン・イー・タム (Yuen Yee Tam) (香港)

PO2-222

認知障害と認知症に関連するリスク因子としてのアルコールとドラッグ:すでにわかっていることと早期予防のためにできること

タンヤ・ホフ (Tanja Hoff) (ドイツ)

PO2-223

早期発症と若年認知症のための仕事のサポート

沖田 裕子 (Yuko Okita) (日本)

PO2-224

地域社会の介護サービスの継続と国を超えた夢のプログラム

インフイ・ウー (Yinghui Wu) (台湾)

PO2-225

認知症の人のニーズを調べそれに応える:彼らの自由時間を中心に

清水弥生 (Yayoi Shimizu) (日本)

PO2-226

日本でのケアマネジャーによる一人暮らし認知症高齢者のためのホームケアサービスプラン

松下 由美子 (Yumiko Matsushita) (日本)

PO2-227

精神病院からの退院支援とホームサポートを振り返る

松久保 道徳 (Michinori Matsukubo) (日本)

PO2-228

時間が貴重な時:滞在型介護ホーム環境におけるデジタルストーリーテリング

テオピスティ・クリサンターキTheopisti Chrysanthaki (イギリス)

PO2-229

認知障害のある人とその介護者そして医療スペシャリストのための地域社会にあるメモリーカフェの多面的効果

古川 信房 (Nobufusa Furukawa) (日本)

PO2-230

行動的及び心理的な認知症の症状があり薬物療法を自宅で受けている認知症高齢者患者とその家族に関して医療及び介護チーム向けのサポートガイドラインについてのアンケート調査:医師を対象にした調査

諏訪 さゆり (Sayuri Suwa) (日本)

PO2-231

認知症患者のための介護環境の改善にメモリークリニックが担う役割

杉原 百合子 (Yuriko Sugihara) (日本)

PO2-232

スウェーデン、クリスチャンスタッドのメモリークリニック、CSK医学クリニックと地域社会間の協力の混乱からの再建

アンマリー・リリエロス (Ann-Marie Liljeroth) (スウェーデン)

PO2-233

認知症の人の地域社会とネットワークにおける医療と看護ケアのプロからなるチームによるサポートシステム

木村 薫 (Kaoru Kimura) (日本)

PO2-234

認知症介護ケアの研修を修了した看護師の介護経験:長期介護病棟で勤務する看護師に焦点

小松 美砂 (Misa Komatsu) (日本)



介護者支援と研修

PO2-235

家族介護者にうつ病を引き起こす要因

星野 純子 (Junko Hoshino) (日本)

PO2-236

増加する認知障害にはこれまでよりもかなり長い介護時間が必要となる

レザル・カンドカー (Rezaul Khandker) (アメリカ)

PO2-237

認知症患者の介護者にかかる負担やうつ病に対して介護者研修プログラムが与える効果

レイモンド・スイヒン・ヤン (Raymond Sui-Hing Yan) (台湾)

PO2-238

早期認知症患者とその家族に同時にサポートを提供する:彼らの関係の改善

山田 広子 (Hiroko Yamada) (日本)

PO2-239

認知症ケアにおける家族のメンタルヘルスに影響する要因 – 自分の好きな生き方をすることの重要性

奥村 由美子 (Yumiko Okumura) (日本)

PO2-240

認知症患者の介護者のうつ病症状と負担を軽減する介護者教育

櫻井 博文 (Hirofumi Sakurai) (日本)

PO2-241

介護ホームで働く看護師を対象とした倫理教育の研究〜看護師のモラルに対するこ看護師と看護婦の特性の相関関係

藤野あゆみ (Ayumi Fujino) (日本)

PO2-242

日本で管理された認知症患者とその介護者のための独自の電話サポートシステム(岡山認知症コールセンター、ODCC)

Yusuke Fukui

PO2-243

おばあちゃんと私対世界

リー・ブルック (Lee Brooke) (イギリス)

PO2-244

大牟田市においてミッションを共有する認知症コーディネーターの教育と就職

大谷 るみ子 (Rumiko Otani) (日本)

PO2-246

認知症ケアにおける異文化交流:ブルガリアとイギリスの体験

アーレーン・アステル (Arlene Astell) (カナダ)

PO2-247

日本の藤沢地区での若い介護者:公立の小学校、中学校、高校と養護学校の教師を対象としたアンケート調査結果の分析

青木 由美恵 (Yumie Aoki) (日本)

PO2-248

長期介護施設での問題のある行動管理のためのコンピュータを利用した意思決定補助システムの開発:速報

インジュン・シー (Ying-Jyun Shih) (台湾)

PO2-249


介護者のアセスメントシートと介護者を理解するための早わかり表 ~ケアマネジャーが開発した介護者を理解するためのアセスメントツール~
恒川 千尋 (Chihiro Tsunekawa) (日本)

PO2-250

認知症高齢者のグループホームにおいて、ストレスケアが職場環境や介護者の健康上のリスクに与える影響:鍼治療の効果

加藤 まい (Mai Kato) (日本)

PO2-251

人生の物語を語る:認知症に影響を受けた韓国の老夫婦の体験にふれて

ミンヨン・クワック(Minyoung Kwak) (香港)

PO2-252

メキシコでのスタッフ研修の介入、コストと結果:初の全国規模の研究からの結果速報

アズセナ・グズマン (Azucena Guzman) (イギリス)

PO2-253

認知症の人の介護や支援をする際に家族のストレス耐性に影響を与える要因

ジョアン・ブルック (Joanne Brooke) (イギリス)

PO2-254

中年世代介護者を対象とした介護と就労の両立支援の活動 -「認知症の人と家族の会 愛知県支部」と「NPO法人HEART TO
HEART」による活動

松井 由香 (Yuka Matsui) (日本)

PO2-255

台湾で地域に住む認知症患者の臨床段階、摂食機能と栄養状態

イージュ・チェン (Yi-Ju Chen) (台湾)

PO2-256

親孝行の別の一面:認知症の親の介護者へのネガティブな影響

オン・ファン・チャン (On Fung Chan) (香港)

PO2-257

認知症の妻を看護する一方で、医療サービスに関わるということがどういうことかについての男性の理解:日本の事例

松本 恵子 (Keiko Matsumoto) (日本)

PO2-258

セルフアセスメントシートが家族支援に果たす意義の検討

鈴木 亮子 (Ryoko Suzuki) (日本)

PO2-259

長期介護施設における認知症の人の身体的に攻撃的な行動に対する看護師の意見:Q方法論のアプローチ

スーフェイ・フアン (Su-Fei Huang) (台湾)

PO2-260

認知症の人の意思決定:シンガポールのある介護者の調査

レイ・リン・タン (Lay Ling Tan) (シンガポール)

PO2-261

日本での自宅療養中の高齢患者の能力に関する現状と問題

樋田小百合 (Sayuri Toida) (日本)

PO2-262

アルツハイマー病患者の介護環境と予後が介護者の健康状態に与える影響

松村 美由紀 (Miyuki Matsumura) (日本)

PO2-263

認知症における日常の技能:配偶者の介護者によるアプローチ

イングリッド・ヘルストーム (Ingrid Helllstrom) (スウェーデン)

PO2-264

台湾の認知症の人の介護者間の家族サポートの調査.

メイファン・ヤン (Mei-Feng Yang) (台湾)

PO2-265

日本の長期介護施設における滞在高齢者の能力の現状と問題

渡辺 みゆき (Miyuki Watanabe) (日本)

PO2-266

認知症看護の認定看護師として実地練習を支援する看護科学学校の教師の役割

細田 江美 (Emi Hosoda) (日本)

PO2-267

認知症の人の介護における介護者サポートグループの役割の評価:シンガポールの場合

アナベル・チャウ (Annabelle Chow) (シンガポール)

PO2-268

トイレサービスのエキスパートによる生活の質の支援:宇治市でのトイレ介護仲間の設立

森田マサ (Masa Morita) (日本)

PO2-269

認知症の段階アプローチに関する介護プラクティスの初の研究

高見 美保 (Miho Takami) (日本)

PO2-270

介護ホームにおける医療介護への家族の関与

ムルナ・ダウンズ (Murna Downs) (イギリス)

PO2-271

認知症のケアギバーの経験と、健康状態および身体的アクティビティの関係性
植村 小夜子 (Sayoko Uemura) (日本)

PO2-272

認知症高齢者の主な家族介護者にある介護能力を探る

ウェンユン・チェン (Wenyun Cheng) (台湾)

PO2-273

老人性認知症の人と家族介護者のためのテレケアの効果

シューリン・ウェイ (Shulin Uei) (台湾)

PO2-274

日本での在宅療養中の高齢認知症患者の現状と問題

小木曽 加奈子 (Kanako Ogiso) (日本)

PO2-275

支援される側から支援する側へ ~介護者の力を活かした介護者支援システムづくり~

国井 由生子(Yuuko Kunii)(日本)

PO2-276

日本で認知症を抱える高齢者のケアをする家族における、ケアの負担感とストレスに対応する能力についてのジェンダー比較

エレニ・ディマコポロ(Eleni Dimakopoulou) (ギリシャ)

PO2-277

壮年期に家族介護者のためのコミュニティを立ち上げる動機

坂梨 さゆり (Sayuri Sakanashi) (日本)



地域社会への参加と連携

PO2-278

スプラッシュチャット – 作業療法士とジャージーアルツハイマー協会が運営する認知症の人とその介護者のための地域の水泳グループ

サラ・ブレイク (Sarah Blake) (イギリス)

PO2-279

地域社会とのパートナーシップ活動

アン・シューマッハー (Anne Schumacher) (ニュージーランド)

PO2-280

医師会による認知症患者をサポートするためのコミュニティの改善

海村 孝子 (Takako Umimura) (日本)

PO2-281

養護学校の子供達と介護ホームの住人との世代を超えた交流

南部 登志江 (Toshie Nanbu) (日本)

PO2-282

台湾北部の地方にある認知症にやさしいコミュニティ施設の評価にコミュニティ対応モデルを適用

イーチェン・チウ (Yi-Chen Chiu) (台湾)

PO2-283

認知症とともに問題なく旅行に出かける – 未来の乗り物のデザインには認知症の人々をまず考える。

アンディー・ハイド (Andy Hyde) (イギリス)

PO2-284

若年性認知症の人の雇用の現状―雇用主を対象にしたアンケートの結果とケーススタディ

林 浩靖(Hiroyasu Hayashi)(日本)

PO2-285

QRコードのついた「安全のためのオレンジバンド」は徘徊する認知症患者を見つけるために役立つ。

福田 英道 (Hidemichi Fukuda) (日本)

PO2-286

認知症カフェでのイベント実施に伴う波及効果

眞智 さおり (Saori Machi) (日本)

PO2-287

「認知症行動主義:イギリスと日本、そしてそれ以上につながりインパクトを出す。」

フィリー・ヘアー (Philly Hare) (イギリス)

PO2-289

認知症を支援する活動ネットワークの設立

カトリン・ヘッド・ジョーンズ (Catrin Hedd Jones) (イギリス)

PO2-290

人と家族の認知症、地域の介護者への参加 – 保育園 – 昔の小学校を通して、認知症カフェの事例

原渕 洋一 (Yoichi Harabuchi) (日本)

PO2-291

認知症の人のためのデイケアセンターでの勤務を通して社会に参加する。

水野 裕 (Yutaka Mizuno) (日本)

PO2-292

自分の人生は自分で作るしかないのだから、今日も地域社会との関わりを続けよう!

池田 右文 (Migifumi Ikeda) (日本)

PO2-293

認知症の人と介護者が地域社会に参加するツールとしてのアート:アメリカと日本での美術館プログラムと劇場ブログラムのケーススタディ

林 陽子 (Yoko Hayashi) (日本)

PO2-294

介護ホームにおける口腔衛生:地元の地域社会での患者と市民参加のプロジェクト

カミーユ・クロニン (Camille Cronin) (イギリス)

PO2-295

介護ホームを有効化する研究 – オンラインサポートツールの開発

アダム・スミス (Adam Smith) (イギリス)

PO2-296

台湾の認知症コミュニティセンター

リーユー・タン (Li-Yu Tang) (台湾)

PO2-297

日本における初期の認知症の人のニーズに対する支援。

大橋 美幸 (Miyuki Ohashi) (日本)

PO2-298

認知症の人とその家族の生活支援に必要な社会的市民〜創造的な社会的資源を通して市民の力を伸ばし、活用する。

永島 徹 (Toru Nagahima) (日本)



認知症にやさしい地域社会 - 2

PO2-299

認知症の人に向けて、見守れる地域へ。左京区岩倉での取り組み。

松本 惠生 (Shigeo Matsumoto) (日本)

PO2-301

「姉カフェ」に楽しく笑って参加しよう。

永橋 治郎 (Jiro Nagahashi) (日本)

PO2-302

「自分の自然な場所を見るのはよいことである」アウター・ヘブリディーズでの認知症の人のニーズに応えた創造性、バイリンガリズム、文化に特定した記憶と口頭伝承が果たす役割の探求

ジョナサン・マクレオッド (Jonathan Macleod) (イギリス)

PO2-303

認知症にやさしい地域社会には何が必要か

サラ・マイルズ (Sara Miles) (イギリス)

PO2-304

認知症の人が犯した社会的な事件と身体障害者のための差別を排除する法律の「合理的配慮」

古川 隆 (Takashi Furukawa) (日本)

PO2-305

認知症の人と介護者のために日本の昔ながらの家(古民家)を利用した認知症カフェの効用

川井 元晴 (Motoharu Kawai) (日本)

PO2-306

地域社会にいる認知症認定看護師の役割:ケーススタディを通して

中村 ユキ (Yuki Nakamura) (日本)

PO2-307

コンビニエンスストアを題材にした認知症にやさしい地域社会プログラムの開発

松本 広重 (Hiroshige Matsumoto) (日本)

PO2-308

認知症にやさしい地域社会のアセスメントと対応マニュアル:地域社会主体のボトムアップアプローチの開発と活用

河野 義行 (Yoshiyuki Kawano) (日本)

PO2-309

鈴鹿市長太地区における「D-カフェ・健康測定会」の取り組み

佐野 佑樹 (Yuki Sano) (日本)

PO2-310

産業・教育機関・政府の長期介護保険施設に関する協働プロジェクトにおける管理マニュアルの準備中に出てきた問題の検査

北川 明子 (Akiko Kitagawa) (日本)

PO2-311

東日本大震災の認知症の人と家族の会

福島県支部の行った活動と役割

芦野 正憲 (Masanori Ahino) (日本)

PO2-312

加古川の地元市民による早期発症型認知症の人、その家族と支援者のための地域社会の構築。

吉田 昌美 (Masami Yoshida) (日本)

PO2-313

台湾の認知症にやさしい地域社会

リーユー・タン (Li-Yu Tang) (台湾)

PO2-314

「旅のことば」で認知症にやさしい地域社会の実現を

金子 智紀 (Tomoki Kaneko) (日本)

PO2-315

認知症にやさしい交通機関の提案

前田 良一 (Ryoichi Maeda) (日本)

PO2-316

大牟田市における認知症の人が自信を持って外出できる地域社会の構築

宮田 真由美 (Mayumi Miyata) (日本)

PO2-317

認知症にやさしいウエスト・ダンバートンシャー自治体

ブライアン・ポールディング・クライド (Brian Polding Clyde) (イギリス)

PO2-318

田舎の認知症にやさしい地域社会がどのように認知症の家族を支援しているか

スティーブン・ヘンダーソン (Steven Henderson) (イギリス)

PO2-319

台湾における認知症高齢者の生活体験

ミァオチュアン・チェン (Miao-Chuan Chen) (台湾)

PO2-320

認知症にやさしい地域社会:イギリス、ウェールズからの教訓

ジュディス・フィリップス (Judith Phillips) (イギリス)

PO2-427

岡山県笠岡市にある認知症カフェの経験から、日本のモデルである認知症カフェのあり方について

高橋 望 (Nozomu Takahashi) (日本)

   

終末期ケア

PO2-321

グループホームに住む認知症高齢者の終末期ケアのカスタマイズ – グループホームマネジャーのフォーカス・グループ・インタビューの結果をもとに

柳沢 美千代 (Michiyo Yanagisawa) (日本)

PO2-322

日本のサンプルに使用するために適応した認知症後期の生活の質(QUALID) スケール

永田 優馬 (Yuma Nagata) (日本)

PO2-323

終末期が近づいている認知症患者が平穏に旅立つための仕組みづくり

佐藤 恵子 (Keiko Sato) (日本)

PO2-324

日本における認知症高齢者のためのグループホームでの終末期ケアの特徴 – マネジャー対象のアンケート調査の結果

平松 真由子 (Mayuko Hiramatsu) (日本)

PO2-325

長期介護施設に滞在している認知症の人のための緩和ケア:SWOT分析

シゥルリー・フアン(Hsiul-Li Huang) (台湾)

PO2-326

長期介護施設に滞在している認知症の人にアドバンスケアプランニングを提供する看護師に関連した要素

シゥルリー・フアン(Hsiul-Li Huang) (台湾)

PO2-327

高齢者の終末期ケアについての意思決定サポート

宇佐美 里圭 (Rika Usami) (日本)

PO2-329

認知症の人がいる家族のためのファミリーケアに関するアセスメント

小澤 佳子 (Yoshiko Ozawa) (日本)



認知症の人と介護者の参加

PO2-331

オーストラリア、ビクトリアにある地方のコミュニティに住む認知症の人へのサポートとサービスの必要性:デルフィ研究

マイケル・バウアー (Michael Bauer) (オーストラリア)

PO2-332

「ビデオと音声インタビューを通じて語る認知症の人と家族介護者の体験」というタイトルのウェブサイトの構築と活用

竹内 富美子 (Tomiko Takeuchi) (日本)

PO2-333

ジュロンコミュニテイ病院認知症ケアプロジェクト:認知症の人の参加を促すための入院患者のリハビリテーションにおける革新的なアプローチ

チー・シオン・チュア(Chi Siong Chua) (シンガポール)

PO2-334

認知症におけるカップルを中心とした取り組みの目的:カップルが二人で参加できる取り組みのスコープの確認

テレサ・ビエルステン (Therese Bielsten) (スウェーデン)

PO2-335

生活習慣への新しいアプローチ – WOW | ウェルネスの世界

ピーター・バーワート (Peter Bewert) (オーストラリア)

PO2-336

日本で滞在型施設に住む認知症高齢者(DEOS)のための穏やか(幸福度)スケールの利用価値の検証 – 家族と看護師の評価の比較

辻村 裕美(Hiromi Tsujimura) (日本)

PO2-337

認知症の人がグループでできる活動を支えるテクノロジー

アーレーン・アステル (Arlene Astell) (カナダ)

PO2-338

日本の地域社会における3つの認知症介護の事例

片山 智栄 (Chie Katayama) (日本)

PO2-339

現在の日本の長距離看護に関する文献レビュー

會田 信子 (Nobuko Aida) (日本)

PO2-340

独特のコミュニケーションパターンと特性:認知症を患う愛する人との会話

ダニエラ・アリエリ (Daniella Arieli) (イスラエル)

PO2-341

夕暮症候群、睡眠の質と地域の徘徊 – アルツハイマー病との共存

イェン・フア・シー (Yen Hua Shih) (台湾)

PO2-342

認知症の人とその家族の声を聞く

認知症の人と家族の会東京都支部

大野 教子 (Kyoko Ohno) (日本)

PO2-344

ビジュアルアートは認知症の人の生活の質と幸福度にとって有益か?認知症とイマジネーションからの調査結果

ジル・ウィンドル (Gill Windle) (イギリス)

PO2-345

日本の「アルツハイマーカフェ」:慣例と問題

島岡 昌代 (Masayo Shimaoka) (日本)

PO2-346

楽しい時を過ごし、人生を楽しむ - コミュニケーションエイド

ベリンダ・ブラック (Belinda Black) (イギリス)

PO2-347

認知症初期段階の人に研究への参加を促す。

ディアナ・シャック・ソフト (Diana Schack Thoft) (デンマーク)

PO2-348

記憶の匂い – 認知症の人のための小グループでの取り組み

リー・レン / ユーニス・タン (Li Leng Eunice Tan) (シンガポール)

PO2-349

早期発症型認知症の人のために人生を生きがいのあるものにするために必要なものの喪失と再構築

関口 綾子 (Ayako Sekiguchi) (日本)

PO2-350

世代を超えて楽しめる卓上ゲームデザイン:高齢のアルツハイマー病患者とともに地域の介護実習を通して大学生の参加を促す

シューイン・リー (Shu-Ying Li) (台湾)

PO2-351

私たちのツリーハウス:神経認知障害があっても同時に同じ立場の人と話すことができるビデオ会議

デービッド・ポールソン (David Paulson) (アメリカ)

PO2-352

台湾での軽度認知症の人とその家族の間の対話経験をより強いものにするコミュニティリハビリテーションプログラム

ユーイン・チュー (Yuying Chu) (台湾)

PO2-353

繋がろう - 認知症の人のためのデジタルゲーム

アーレーン・アステル (Arlene Astell) (カナダ)

PO2-355

ソーシャルエンゲージメント – 若年発症型記憶障害を持つ人々の視点

ヴィルバトゥリ・リナネン (Virvatuli Ryynanen) (フィンランド)



疫学

PO2-356

長期保険施設に滞在する認知症高齢者の認知症の行動的及び心理的症状、介護依存、生活の質同士の関連性

鈴木 みずえ (Mizue Suzuki) (日本)

PO2-357

人口ベースの研究における偶発性の軽度認知障害と認知症の臨床的特徴

菱川 望 (Nozomi Hishikawa) (日本)

PO2-358

アルツハイマー病患者における掻痒症の有病率:多地域での疫学研究

生駒 晃彦 (Akihiko Ikoma) (日本)

PO2-359

高齢者コホートにおける認知症の人の交通事故の発生率

ユージョン・キム (You Joung Kim) (韓国)

PO2-360

コリンエステラーゼ阻害剤及びNMDA受容体アンタゴニストの少量処方の現状

荒川 千秋 (Chiaki Arakawa) (日本)

PO2-361

認知症研究のためのブレーン:コホートの特徴

ポール・フランシス (Paul Francis) (イギリス)

PO2-362

コホートの中で認知症にかかっていない人に脳の寄付を求める:認知と脳病理学のための結果

Paul Francis (イギリス)

PO2-363

WEBパネルを用いた認知症患者および介助者のQOL・生産性損失調査

五十嵐 中 (Ataru Igarashi) (日本)

PO2-364

65歳以上の自発的な脳のドナーを対象にした電話とビデオを使った精神測定アセスメントを評価する試験的研究

ヘレン・コステロ (Helen Costello) (イギリス)

PO2-365

研究の終了時には脳が寄付される長期間監視されたコホートにおけるロス

ヘレン・コステロ (Helen Costello) (イギリス)

PO2-366

脳のドナーとなる可能性のある65歳以上の人のうち主観的な認知障害(SCI) のある参加者の有病率と特徴

ヘレン・コステロ (Helen Costello) (イギリス)



ケアモデル

PO2-367

仕事で要求されるものがより高くなると認知症高齢者の家族介護者がより高い介護のニーズに応えることが困難になる:横断的に実施したアンケート調査を用いた構造的均衡モデル

ユーヌー・ワン (Yu-Nu Wang) (台湾)

PO2-368

概念分析:医療ケアにおける高齢者の人権

青木 頼子 (Yoriko Aoki) (日本)

PO2-369

パーソン・センタードネスへの新しいアプローチ | バタフライ・ケア・モデルのオーストラリアにおける試験使用

ピーター・バーワート (Peter Bewert) (オーストラリア)

PO2-371

滞在型高齢者ケアにおける認知症の人のためのケアに有効なモデル

マイケル・プリース (Michael Preece) (オーストラリア)

PO2-372

ゴールデンチケット – 認知症の革新的なモデル

(Emma Costello, Elizabeth Gill and Kim Grosvenor)

(イギリス)

PO2-373

職員の研修、認知症の人のBPSD管理と長期介護によるバーンアウトの削減

アンドレア・ファッボ (Andrea Fabbo) (イタリア)

PO2-374

認知症にやさしい病院:イタリアでの初期の体験

アンドレア・ファッボ (Andrea Fabbo) (イタリア)

PO2-375

ホグワークモデルをニュージーランド事情に合ったものに:ファレアロハケアビレッジ

ケイ・シャノン (Kay Shannon) (ニュージーランド)

PO2-376

認知症の人の尊厳:職業間の違い

内田 達二 (Tatsuji Uchida) (日本)

PO2-377

利用者の参加:研究の質問から導入に至るまで

サリー・グロベナー (Sally Grosvenor)(オーストラリア)

PO2-378

THE COGS CLUB : 認知症の人のためのマルチモードで心理社会的な取り組みアンアンドレア・ファッボ (Andrea Fabbo) (Italy)

PO2-379

台湾モデル:統合認知症ケアモデル

ミンチー・パイ (Ming-Chyi Pai) (台湾)

PO2-380

認知症高齢者ホームのケア「シンフォニー」

杉谷 光洋 (Mitsuhiro Sugitani) (日本)

PO2-381

子供達と世代を超えた終日プログラムに参加した認知症高齢者の進歩:うつ病改善を検証する報告の事例 (GDS15)

目黒 里美 (Satomi Meguro) (日本)



最新の治療と今後の展開

PO2-382

アミロイドβ42を注射するアルツハイマー病のマウスモデルにおいて、栄養補助による認知機能の改善が自食作用の活性化によりもたらされる。

ユンファン・リァオ (Yung-Feng Liao) (台湾)

PO2-383

認知症のための臨床実験におけるインテピルディン(RVT-101)の概要:アルツハイマー病とレビー小体型認知症における認知機能と日常生活の活動及び成長計画の効果

イラン・フォゲル (Ilan Fogel) (アメリカ)

PO2-384

日本の健康者にインテピルディン(RVT-101)の安全面と薬物学的な検査のためのオープンラベルの反復投与試験

イラン・フォゲル (Ilan Fogel) (アメリカ)

PO2-385

消化管にあるβアミロイドが認知障害を起こす可能性:大豆フラボノイドの予防効果

ユエン・ハン / ジュリア・リウ (Yuen Hang Julia Liu) (香港)

PO2-386

マウスを使ったA. ラセモサスの向知性効果の調査

Hanumanthachar Karichedu Joshi (インド)

PO2-387

実際にある病院の設定で軽度アルツハイマー病と他の認知症の中国人患者に対するスーベナイドの効果と忍容性。オープンラベル研究。

レンウィン・チュー (Leung-Wing Chu) (香港)

PO2-388

アルツハイマー病治療のためのリポソームの準備

ニーナ・イバノバ (Nina Ivanova) (ウクライナ)

PO2-389

βアミロイドが誘発する毒性に対するグレリンアゴニストHM01の保護作用:マウスの脳腸軸に注目

ヤー・イー・サン(Ya Yi SUN) (香港)

PO2-390

D細胞の仮説に基づくアルツハイマー病と総合失調症の新しい治療戦略

ジャージー・レゼック (Jerzy Leszek) (ポーランド)

PO2-391

非可聴高周波数音を利用した認知症の行動及び心理的症状(BPSD)のための非薬物的増強療法に関するオープンパイロット研究

山下 祐一 (Yuichi Yamashita) (日本)



新しい研究手法

PO2-392

アルツハイマー:アミロイドβの抑制あるいは緩和

ウルフガング・シュラム (Wolfgang Schramm) (ドイツ)

PO2-393

認知症におけるワーキングメモリーと抑制障害の区別

トレバー・クローフォード (Trevor Crawford) (イギリス)

PO2-394

スコポラミン、ジアゼパムとマウスの自然加齢によって誘発されたガンゲチン逆行記憶障害

ハヌマンタチャー・カリチェド・ジョシ (Hanumanthachar Karichedu Joshi) (インド)



アルツハイマー病以外の認知症

PO2-395

健忘性軽度認知障害のリスク因子としての嗅覚障害

ユダ・ツラナ (Yuda Turana) (インドネシア)

PO2-396

アルツハイマー病の病因に関連するBMP経路の不均衡

スン・リン (Sun Lin) (中国)

PO2-397

血管性認知症患者の手段的日常生活動作能力はアルツハイマー病患者よりも低い。

ウェイ・リー (Wei Li) (中国)

PO2-398

前頭側頭認知症の右側頭葉型

ホセ・アントニオ・ロホ・アレドロ (José Antonio Rojo Aladro) (スペイン)



リハビリテーションとその可能性

PO2-399

介護体験を語る – 認知症患者の家における安全のために「住宅リフォーム」を実施

リーティン・フアン (Li Tin Huang) (台湾)

PO2-400

重度の認知症向けデイケア施設の利用者のための治療プログラムを決めるプロセス

石井弓子 (Yumiko Ishii) (日本)

PO2-401

資源に乏しい地域に住む軽度認知障害や認知症の人のための地域で行うエクササイズの取り組み

ジュンチェン・ヤン (Jung-Cheng Yang) (台湾)

PO2-402

認知的作業は休息中の脳の活性化に影響するか?

大杉 紘徳 (Hironori Osugi) (日本)

PO2-403

重度の認知症向け認知テストの開発 – 信頼性、有効性、応答性と解釈が容易であるかの検査

田中 洋之 (Hiroyuki Tanaka) (日本)

PO2-404

認知症プログラムを利用して健やかに生きる:初期の認知症の人向けの自己管理の原則を用いたデザイン、開発と価値

ゾーイ・キャンベル (Zoe Campbell) (イギリス)

PO2-405

高齢者の施設からグループホームへのトランジションとホームで年を重ねるために必要なこと

インフイ・ウー (Yinghui Wu) (台湾)

PO2-406

若年発症型認知症の人に能力の強化や生活の質の改善を促す活動-9年間のケーススタディ

インフイ・ウー (Yinghui Wu) (台湾)

PO2-407

体を使う活動量と認知機能、日常生活の活動および重度の認知症に見られる行動的および心理的兆候や症状との相関性

石丸 大貴 (Daiki Ishiaru) (日本)

PO2-408

日本におけるコミュニティベースの作業療法 – 社会参加

石丸 大貴 (Daiki Ishimaru) (日本)

PO2-409

認知症の人に対するエクササイズトレーニングプログラムの適用と効果 – 新竹の認知症コミュニティケアセンターでの体験

イーチェン・ツァイ (Yi-Chen Tsai)(台湾)

PO2-410

囁語検査による高齢者の認知機能と聴覚の関係

吉村 隆子 (Takako Yoshimura) (日本)



テクノロジーと認知症

PO2-411

四コーナーステップテストで認知障害を検出

ユーシウ・チュー (Yu-Hsiu Chu) (台湾)

PO2-412

ソーシャルロボットが認知力低下の高齢者の社会参加に与える影響の研究

カイリー・プラット (Kylie Pratt) (オーストラリア)

PO2-413

認知症診断ツール:さりげない生理的および行動パターンを観察するアプローチ

クリスティン・ニューマン (Kristine Newman) (カナダ)

PO2-414

認知症の人と慣れ親しんだ介護者のための即時にアクセスできる情報とコミュニケーション技術を利用したサポートを提供している素晴らしい実例

今野 りえ (Rie Konno) (日本)

PO2-415

認知症ケアのためのインタラクティブアプリを使ったプラットフォームサービス

ジー・ヒャン・ジェオン (Jee Hyang Jeong) (韓国)

PO2-416

認知症の人と介護者のためのインターネットを利用した取り組み:系統的なレビュー、メタ分析と今後の展望

キエレン・イガン (Kieren Egan) (イギリス)

PO2-417

認知症の人と介護者のためのウェブベースのプラットフォームの開発:ユーザー参加の研究

Rosie Dunn (イギリス)

PO2-418

アクティブ@ホーム : 認知症の人のソーシャルネットワーク内でできる遊び満載で柔軟なマルチモードの日常トレーニングやモバイルで複数の感覚器官の診断及び提案システム

ルーカス・パレッタ (Lucas Paletta) (オーストリア)



幸福度

PO2-423

昨日を思い出し今日をケアする (RYCT) 認知症と生きる家族のための独創的な回想アートプロジェクトを通した社会参加

パム・シュバイツァー (Pam Schweitzer) (イギリス)











プログラムは変更する場合があります。